愛車売るの際には、組織要因および外装という内装の病状が査定されます。外装にあたって、ダメージやヘコミがあるといった、カットの対象になりますが、極端に査定総計が下がるほどではないので、断じて心配しなくても大丈夫です。もちろん、ダメージもヘコミもないのにこしたことはありませんが、もし愛車売るする前に、ダメージやヘコミを補修アトリエで直してもらったと決める。その際にかかってお金ほどにカット変わることはありません。

つまり、多少なりとも査定総計をアップさせるためにダメージやヘコミを修理するよりも、しないで現状の通り愛車売るしたほうがお収益だと言うことだ。これは仮に、ダメージやヘコミを買取会社において修理する事態、自社や協力アトリエなどで安く修理することが可能だからだ。また、歴史が経てば、多少のダメージやヘコミはあるものだという考えから、ダメージやヘコミを補修せず、引き続きユースドカーとして販売することも多いだ。以上のことから、ダメージやヘコミがあるって少々カットされますが、補修勘定ほどではないと覚えておくと良いでしょう。